完全解析☆調剤薬局のM&A

各社の総合評価早見表

後継者の問題を解決する事は重要です

少子化が進む中で、調剤薬局の経営を順調に進めていける方も、後継者がいない問題に悩む方は多いです。働けなくなる前に、早めに対策を取ることで、事業を譲渡して、他の人に経営を任せる選択肢を考えていく事ができます。

調剤薬局のM&Aをうまく進めていく事ができれば、まとまった金額の報酬を手に入れる事ができるため、老後の生活に必要なお金を確保する事ができるようになります。事業譲渡をうまく進めていく事ができるように、支援企業にサポートしてもらう事は重要です。

支援企業それぞれの強みを知るなど、比較を進めて、安心して依頼できるようにする事も大切な事なので、このサイトでそれぞれの支援企業の特徴をチェックする事をおすすめします。ランキング形式で情報をわかりやすくまとめ、効率よく情報を集めて、比較を行えるサイトです。

調剤薬局におけるM&Aについて

M&Aとは、Merger and Acquisitionの略であり、合併及び買収という意味です。すなわち会社や事業における売買ということです。企業における永続及び発展をするための経営の戦略の中のひとつの手法だと言っても過言ではありません。M&Aと聞くと、どちらかというと悪いイメージが有るという人も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。吸収や買収などというイメージがありつつも、友好的なイメージや円滑な事業の継承、永続的な発展、事業の拡大などといったプラスのイメージもたくさんあるのが事実です。ニュースなどでも数多く報じられているM&Aは、敵対的な買収がしばしばクローズアップされるので、M&Aというと悪いイメージを持っている人もたくさんいらっしゃいます。

悪いイメージが有るといっても、中小企業におけるM&Aはほとんどが非常に友好的なものとなっています。なぜかと言うと、中小企業のほとんどがオーナー企業となっているため、株式保有者はすべてが親族にて固められている状態です。よって、敵対的であるM&Aであれば話がまったく進まないからです。ひと言で言ったのであれば、事業や会社の売買となりますが、売り手側から見れば経営者の出口戦略ということであり、買い手側から見ると成長していくプロセスの中における戦略の有効的な手段だと言っても過言ではありません。中小企業におけるM&Aは、そのときの状況に応じて株式の譲渡や事業の譲渡を使いわけているものの、どちらにせよ企業における永続及び発展のための戦略の中のひとつの手法だということが言えます。

調剤薬局市場では、医薬分業及び後発薬推進などといった医療保険制度が改革されたことを機に、市場の規模がここ最近でかなり倍増している状態だと言っても過言ではありません。7兆円以上もの規模に膨らんでおり、調剤薬局の店舗の数は現在はおよそ57000軒となっていて、コンビニエンスストアのおよそ54400軒を超えている店舗の数となっているのが事実です。ところが、調剤薬局においてはトップの企業のシェアは2.3パーセントという低い割合で、上位の10社であっても14パーセントとなっています。すなわち、全体のおよそ7割ほどが個人の薬局で構成されていて、マーケット・リーダーという企業がいない市場というわけです。事業に関することで悩んでいるのであれば、まずはアドバイザーに相談をすると良いでしょう。

カテゴリー