受け口を直す手術にかかる費用は

下の歯が上の歯よりも前に出てしまい、あごが前に突き出したようになったその口元を受け口と言います。専門用語では反対咬合と言います。しゃくれたその顔やヘの字になりやすい口元は見た目が良いとはいえませんし、何よりも噛み合わせが悪くなるので食事の咀嚼や消化にも影響が出てきてしまいます。虫歯にもなりやすくなり、もしも虫歯になったときに歯の治療もやりづらいです。乳歯が生えてきた段階で発覚し、永久歯に生え変わる段階で自然に治っていく人もいますが、そのまま治ることなく見た目や食事に強い影響を与えるのであれば矯正治療や手術を考えなければならなくなります。その方法や費用についてはそれぞれの状態や医師の考え方によっても違いがあるので、よく相談して決めるようにしましょう。

受け口の矯正方法とその費用について

まだ成長途中である幼児期の受け口は、舌の筋肉や顎の筋肉を鍛えるトレーニングを行なうことで直します。1回のトレーニングで5000円から10000円ほどかかります。すべての永久歯が生え揃ってしまうと、ブラケット矯正が主流になります。歯1本1本に器具を装着してワイヤーで形を整えるのです。60万円から80万円と高くなり、ある程度長い期間をかけて行なわれます。その間は食事や歯磨きにも苦労するでしょうし、見た目も悪くなります。大変な作業なのです。保険適用外治療にするとセラミックやプラスチックなど目立ちにくい矯正器具を選ぶことができますが、その分お値段も高くなります。通常ですとメタルブラケットでの矯正となるのです。保険適用はありませんが、短期間で治る方法として手術もあります。

手術による受け口を直す治療について

審美歯科は歯の見た目をよくするための治療が行なわれます。保険の適用はありません。噛みあわせが逆になっている歯の表面を削ってやり、セラミックを被せて治すというセラミッククラウン法なら1本8万円からかかりますが、3ヶ月程度で4回か5回の治療で完了します。下顎の骨切りをして受け口を治す下顎骨切り術という施術方法もあります。80万円ほどの費用はかかるものの1回の手術できれいな輪郭を手に入れられます。お金はかかるものの、短期間・少回数で治療を行なうことができるので患者の治療への負担は少なくてすみます。遺伝や発育の問題・舌やくちまわりの組織のクセなど原因はさまざまですが、いずれの状態であっても治すことは可能です。費用を取るか手間を取るかで、治療方法は違ってくるのです。